当院の矯正治療について|練馬区光が丘駅直結の歯医者|IMA2階

お気軽にご相談ください
各種保険取扱 初診・急患随時受付
MENU

当院の矯正治療について

とり

矯正歯科って何?

Orthodontic

矯正歯科とは見た目の改善ももちろんですが、歯並びを改善することで、虫歯のリスクを減らしたり、体全体のバランスを整えるための治療法です。大人の方ももちろんですが、子どもの頃に治療しておくことで、その後の成長促進を促してくれます。

歯並びが悪いと何が問題なの?

Orthodontic

では歯並びが悪いとどの様な問題が起こるのでしょうか。

歯並びが悪いことで起こる問題

  • 食べ物のカスが詰まりやすい
  • 歯ブラシが行き届きにくく、虫歯や歯周病、口臭などの原因になる
  • しゃべる時に発音が悪くなる
  • 咬み合わせが悪いことで歯に負担がかかり、破損しやすくなる
  • 咬み合わせのバランスが悪いと、使う筋肉に差ができるので、顔の形が変わる場合がある
  • 顎関節症、頭痛などの他の箇所で症状が出る

歯並びが悪いことで見た目にコンプレックスを抱いてしまうことはもちろんですが、虫歯や歯周病などのリスク、お口以外のトラブルにもつながります。

矯正治療のメリット・デメリット

Orthodontic

メリット

  • 歯並びが良くなることで、笑ったときの印象が変わり、外見のコンプレックス解消に繋がります。
  • 歯みがきがしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクを下げることができます。
  • お口の清掃がしやすくなるので口臭改善につながります。
  • 咬み合わせ改善により顎関節症や偏頭痛の改善が見込まれます。
  • 均等に歯が接することでお顔のバランスが良くなります。

デメリット

  • 治療中は装置が見えてしまうものがあります。
  • 装置をつけていると、慣れるまでは話しづらさがあります。
  • 装置の間にカスが溜まりやすいので、より丁寧に歯みがきをしてあげる必要があります。
  • 装置を使って少しずつ歯を動かすので、じわっと痛みを感じます。
  • 少しずつ歯を動かしていくので治療期間が長くなります。
  • 治療費が他の診療に比べて高価になります。

子どもの矯正(小児矯正)

Orthodontic

子どもの頃は骨格含め、体が成長段階にあるので、顎のバランスを整えやすい時期です。逆に言うと指をしゃぶる癖で歯並びが乱れるなど悪い方向にも繋がりやすい時期とも言えます。この時期に矯正をしておくことで、おとなになってからのお口のトラブルも防げるほか、歯に関しての意識向上につながります。

時期によって違う2つの治療

子どもは成長時期によって治療方法が変わってきます。

1.第1期治療
乳歯と永久歯が混じった時期の治療で、主に成長を利用して顎の骨のバランスや大きさを整えます(6~10歳)
2.第2期治療
永久歯が生え揃っている時期です。歯の1本1本に装置をつけ、歯の根までコントロールして最終的な咬み合わせを作ります。

大人の矯正(成人矯正)

Orthodontic

永久歯に生えそろった方を対象とするのが成人矯正で、「2期治療」ともいわれます。近年、治療技術の進歩により、矯正治療に年齢は関係なくなり、患者様のライフスタイルに合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。

不正咬合(歯並びの乱れ)の種類

Orthodontic
上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯が前斜めに生えている状態です。または下の歯全体が後ろにあることで出っ歯に見えます。この状態だと前歯でくちびるを切ってしまったり、顔を強打したときに歯が折れやすくなります。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ)

出っ歯とは逆に、上の歯より下の歯が前面に出ている状態です。上の顎が小さい、もしくは下の顎が大きいことで起こります。うまく食べ物が噛めなかったり、滑舌が悪くなる歯並びです。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

噛んでいても前歯がかみ合っていない状態のことです。発音が悪くなったり、前歯でものを噛み切ることが難しくなります。舌の癖や指をしゃぶる癖が原因で起こることがあります。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯がでこぼこに並んでいる状態のことをいいます。この状態は歯みがきのときにブラシがしっかりと届きにくくカスが残りやすいため、虫歯や歯周病の原因になります。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯を覆ってしまうほど深く噛んでいる状態をいいます。下の歯が上の歯ぐきを刺激することで口内炎ができたり、前歯が乾くことで虫歯の原因にもなります。

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)

上顎・下顎ともに前に突き出ている状態をいいます。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

上下の咬み合わせが横にずれている状態をいいます。左右の顎に成長の差が出ることにより顔が歪んでしまう場合があります。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間ができている状態です。これは顎の骨の大きさに対して歯が小さく生えてしまうことが原因です。隙間があると食べ物が詰まりやすくなり、虫歯や歯周病の原因になります。また隙間から息漏れが生じるのでサ行・タ行・ラ行の発音が悪くなります。

矯正装置の種類

Orthodontic
マルチブラケット

マルチブラケット

矯正歯科治療に一番良く使用されているマルチブラケットといわれる装置です。

デーモンシステム

デーモンシステム

デーモンシステムは、今までとは違うタイプのブラケットを使用した矯正歯科治療です。治療期間が短い、通院回数が少ない、痛みが少なく歯や体に優しい、矯正治療のための抜歯の可能性が少ないこと等が特徴です。

リンガルブラケット

リンガルブラケット

歯の裏側に装着するため、装置を表に見せずに治療が行える矯正装置です。目立ちにくいため、成人の矯正が増えるにつれて需要が高まっています。表に装着するブラケットよりも価格は比較的高く、装置の調整には時間がかかります。

床矯正

床矯正

床矯正とは、床(しょう)と呼ばれるプレート状の装置を使い、装置についたネジを段階的に絞めていくことで歯列の幅を広げていく方法です。歯列を広げて整えるので抜歯をする必要がなく、装置は取り外しが可能なので、食事や歯みがきがしやすいのが特徴です。特に顎が成長段階の子供の矯正に適しています。

マウスピース型矯正

マウスピース型矯正

透明なマウスピースタイプの矯正装置です。ブラケットやワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。マウスピースを2週間ごとに新しいものに付け替えていくことで歯並びを改善していきます。